国内外ニュース

アンデルセン賞に角野さん 作家賞、日本人3人目

 児童文学作家の角野栄子さん  児童文学作家の角野栄子さん
 「魔女の宅急便」などで知られる児童文学作家の角野栄子さん(83)が26日、「児童文学のノーベル賞」といわれる国際アンデルセン賞の作家賞に選ばれた。日本人の作家賞受賞は1994年のまど・みちおさん、2014年の上橋菜穂子さんに次ぎ3人目。画家賞を含めると5人目となる。

 主催する国際児童図書評議会(IBBY、本部・スイス)が同日、イタリア・ボローニャで開催中の国際児童図書展で発表した。授賞式は8月30日にアテネで開かれる。

 角野さんは「小さい頃から大好きだったアンデルセンの名前が付いた賞を受賞できて、本当に光栄です」と話している。

(3月27日0時07分)

文化・芸能(3月27日)