国内外ニュース

米欧、ロ外交官ら一斉追放 神経剤事件で、100人超

 26日、パリのロシア大使館前に立つ警官(AP=共同)  26日、パリのロシア大使館前に立つ警官(AP=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は26日、英南部で元ロシア情報機関員らが神経剤で襲撃された事件への対抗措置として、米国駐在のロシアの外交官ら60人を国外追放し、シアトルのロシア領事館を閉鎖するよう命じた。米政府高官が明らかにした。ドイツやフランスなど欧州連合(EU)14カ国も、一斉にロシア外交官らの追放を発表。事件を受けて英国に駐在するロシア外交官23人を国外追放した英政府に足並みをそろえ、圧力を強化した。

 ロイター通信などによると欧米諸国が国外追放を決めたロシア外交官は計100人を超え、ジョンソン英外相は「これまでで最大の一斉追放だ」とした。

(3月27日0時31分)

国際(3月27日)