国内外ニュース

中朝、北京で指導部級会談か 北朝鮮要人訪中の観測、厳戒続く

 北京の釣魚台迎賓館近くを警備する警察官ら=27日(共同)  北京の釣魚台迎賓館近くを警備する警察官ら=27日(共同)
 【北京共同】北朝鮮の要人を乗せたとみられる列車が到着した北京中心部では、27日午前も厳重な警備が続いた。金正恩朝鮮労働党委員長や妹の金与正党第1副部長らが訪中した可能性があり、中朝両国が冷え込んだ関係の修復に向け、指導部レベルで会談を開いたとの観測が広がっている。

 米ブルームバーグ通信は正恩氏が北京を訪問したと伝えたが、シャー米大統領副報道官は「確認できない。正しいのかどうか分からない」と述べた。韓国メディアは与正氏が訪中した可能性を報道。しかし韓国大統領府関係者は「現時点で確認する内容はない」と語った。

(3月27日12時07分)

国際(3月27日)