国内外ニュース

ななつ星、阿蘇入り新経路で運行 初の大幅変更、博多駅出発

 JR博多駅に停車する「ななつ星in九州」の前で記念撮影する人たち=27日午前、福岡市  JR博多駅に停車する「ななつ星in九州」の前で記念撮影する人たち=27日午前、福岡市
 JR九州が運行する豪華寝台列車「ななつ星in九州」が27日から新ルートでの運行を始め、3泊4日コースが同日、博多駅(福岡市)を出発した。2013年10月の運行開始以来、自然災害に伴う措置を除き大幅な経路変更は初めて。16年4月の熊本地震で大きな被害が出た熊本・阿蘇を約2年ぶりに訪れる。

 周遊型の豪華列車を巡ってはJR東日本の「トランスイート四季島」、JR西日本の「トワイライトエクスプレス瑞風」も登場して競争が激しい。攻勢を受けるJR九州は、新ルートでブランド力を維持したい考えだ。

 博多駅では、JR九州の青柳俊彦社長らが出発ホームから乗客を見送った。

(3月27日12時41分)

経済(3月27日)