国内外ニュース

Jアラート15市町村不具合 全国訓練、機器設定ミス

 防災行政無線の屋外スピーカー=2014年  防災行政無線の屋外スピーカー=2014年
 総務省消防庁は27日、全国瞬時警報システム(Jアラート)を使った14日の全国一斉訓練で、防災行政無線から音声が流れないなど11都県計15市町村で不具合があり、住民に全く情報が伝わらなかったと発表した。原因は機器の設定ミス、接続不良が多かった。

 不具合があった自治体数は昨年11月の訓練に比べて3団体多い。消防庁は問題があった自治体に原因の究明と再発防止を要請した。

 今回の訓練は1664市区町村が参加。青森県黒石市や石川県小松市、鹿児島県志布志市などは防災無線が正常に作動しなかった。

(3月27日16時17分)

社会(3月27日)