国内外ニュース

全農、コメ直接販売25%増計画 18年度、輸出は1・4倍

 2018年度の事業計画について説明するJA全農の長沢豊会長=27日午後、東京都千代田区  2018年度の事業計画について説明するJA全農の長沢豊会長=27日午後、東京都千代田区
 全国農業協同組合連合会(JA全農)は27日、2018年度の事業計画を発表し、外食チェーンなどへのコメの直接販売量を前年度比25%増の125万トンに設定した。海外拠点を拡大し、JAグループ全体の輸出額は1・4倍の207億円を目指す。農業改革を進める政府の要請に沿って、昨年初めて発表した数値目標が17年度はほぼ達成できたため、18年度も当初想定通りの目標を掲げた。

 長沢豊会長は記者会見で「1年後には『全農は変わった』と言ってもらえるように道筋をつけていく」と強調した。

(3月27日17時43分)

経済(3月27日)