国内外ニュース

静岡・下田で「お吉祭り」 開港悲劇のヒロインに献花

 お吉ケ淵で、お吉と鶴松に見立てたコイを放す芸妓衆=27日、静岡県下田市  お吉ケ淵で、お吉と鶴松に見立てたコイを放す芸妓衆=27日、静岡県下田市
 幕末、下田開港の悲劇のヒロイン・お吉をしのぶ「お吉祭り」が命日の27日、静岡県下田市で開かれた。多くの観光客が見守る中、あでやかな着物をまとった地元の芸妓衆が、お吉が身を投げたとされる池に花をささげた。

 お吉は下田の芸妓で、初代米国総領事タウンゼント・ハリスに仕えたため「唐人」とさげすまれ、苦難の人生を送った。

 身を投げたとされる川の淵は「お吉ケ淵」と呼ばれ、現在では池になっている。お吉ケ淵で行われた法要では、献花のほか、お吉と恋人の船大工鶴松に見立てたコイ2匹も放った。

(3月27日18時21分)

暮らし・話題(3月27日)