国内外ニュース

東海第2原発事故備え協定 茨城・大洗と千葉の6市町

 日本原子力発電東海第2原発で事故が起きた場合の避難者受け入れに関する協定の締結式=27日午後、千葉県香取市  日本原子力発電東海第2原発で事故が起きた場合の避難者受け入れに関する協定の締結式=27日午後、千葉県香取市
 日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)で深刻な事故が起きた場合に備え、同県大洗町と千葉県の6市町は27日、避難者受け入れに関する協定を締結した。計画では、大洗町の全住民約1万7千人を避難させる。

 茨城県によると、大洗町や水戸市など、同県で東海第2原発から半径30キロ圏内の自治体は、福島、栃木、群馬、埼玉、千葉の5県の自治体と避難協定の締結を進めている。28日には茨城県城里町が、栃木県の芳賀町など5町と結ぶ。

 大洗町が協定を結んだのは、千葉県の銚子、旭、匝瑳、香取の4市と多古、東庄の2町。

(3月27日18時21分)

科学・環境(3月27日)