国内外ニュース

地域航空「合併、統合を」 国交省会議、協議入り提言

 離島などを結ぶ地域航空会社5社の路線維持策を検討した国土交通省の有識者会議は27日、大手航空会社の系列を超え「合併か持ち株会社の設立による経営統合を模索すべきだ」とする報告書をまとめた。人口減少といった逆風下で抜本策は急務だと強調。5社や航空大手が加わる協議の場を同省に設け、年末までに具体的な形態について結論を出すよう提言した。

 5社はANAホールディングス系のANAウイングス(東京)や、日本航空系の日本エアコミューター(鹿児島)などで、北海道や九州が主な拠点。同省は「どこまで話が詰まるか分からないが、報告書を踏まえ議論を深めたい」としている。

(3月27日18時35分)

経済(3月27日)