国内外ニュース

FGT摩耗対策に一定めど コスト圧縮は見通せず

 国土交通省は27日、九州新幹線長崎ルートへの導入を検討しているフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)について、技術的な課題となっている車軸の摩耗対策に一定のめどがついたと明らかにした。

 具体的には、車軸に施すメッキを従来の2・5倍の厚みにして強度を高める。だが、一般的な新幹線の2倍前後とされた製造や修理にかかるコストの圧縮は見通せず、導入の実現性は不透明なままだ。

 長崎ルートを巡っては、国交省がFGTと全線フル規格化、ミニ新幹線の計3方式で建設費や投資効果などを比較する調査を進めており、月内に与党検討委員会に結果を示す方向。

(3月27日19時26分)

経済(3月27日)