国内外ニュース

入札資格低ランクでも受注 年金入力ミスの業務委託先

 日本年金機構が業務委託した会社のデータ入力ミスで年金の過少支給があった問題を巡り、厚生労働省は27日の参院厚労委員会で、同社は入力業務を約1億8千万円で落札、受注したが、国の入札参加資格ルールでは「1500万円未満の業務提供」の低いランクだったことを明らかにした。

 厚労省は「適正な競争性を確保するため、他の等級(ランク)への弾力的な参加を認めることは可能」と説明したが、野党は反発。質問した民進党の石橋通宏氏は「こんなことを認めたらルールが何のためにあるのか分からない」と指摘した。

 委託先は情報処理会社「SAY企画」(東京都豊島区)。

(3月27日20時32分)

暮らし・話題(3月27日)