国内外ニュース

日本、ウクライナに1―2敗れる サッカーの国際親善試合

 日本―ウクライナ 前半、ヘディングで同点ゴールを決める槙野(上)=リエージュ(共同)  日本―ウクライナ 前半、ヘディングで同点ゴールを決める槙野(上)=リエージュ(共同)  日本―ウクライナ 後半、ウクライナのカラワエフ(右端)に2点目のゴールを決められるGK川島(奥)ら=リエージュ(共同)  日本―ウクライナ 後半、ウクライナのカラワエフ(右端)に2点目のゴールを決められるGK川島(奥)ら=リエージュ(共同)
 【リエージュ(ベルギー)共同】サッカーの国際親善試合、日本―ウクライナは27日、ベルギーのリエージュで行われ、日本は1―2で敗れた。23日のマリ戦は引き分けで、ワールドカップ(W杯)代表発表前の最後の海外遠征は1分け1敗に終わった。

 日本は前半21分に先制点を献上。同41分にFKから槙野(浦和)が同点ゴールを決めたが、後半24分に勝ち越しされた。6月開幕のW杯ロシア大会1次リーグで当たるポーランドを想定した試合で攻守に課題を残した。

 日本代表は5月に30人程度の最終候補で国内合宿を実施。同30日のガーナ戦を経て、23人のW杯メンバーが発表される見通し。

(3月27日23時32分)

サッカー(3月27日)