国内外ニュース

NY株反落、344ドル安 ハイテク株が下げ主導

 ニューヨーク証券取引所=2014年2月  ニューヨーク証券取引所=2014年2月
 【ニューヨーク共同】27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅に反落し、前日比344・89ドル安の2万3857・71ドルで取引を終えた。個人情報の不正利用問題に揺れる米交流サイト大手フェイスブックが大幅安となったことを背景にハイテク株が軒並み売り込まれ、相場全体の下げを主導した。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は211・73ポイント安の7008・81だった。

 ダウ平均は朝方、米中貿易摩擦の激化への懸念が後退したことが好感され、上昇して始まった。その後はマイクロソフトなどのハイテク株が重しとなり、下げ幅が500ドルに迫る場面もあった。

(3月28日6時17分)

経済(3月28日)