国内外ニュース

金正恩氏、中国主席と会談 最高指導者として初外遊

 北京の人民大会堂で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と中国の習近平国家主席(新華社=共同)  北京の人民大会堂で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と中国の習近平国家主席(新華社=共同)
 【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が25~28日に中国を訪問、習近平国家主席と北京で26日に初めて会談した。両国の国営メディアが28日朝、報じた。金氏が最高指導者に就任後、初の外遊。中国国営通信、新華社によると、金氏は非核化実現に意欲を表明した。4~5月に南北、米朝首脳会談を控え、核問題で冷え込んだ中朝関係を修復、外交環境を整えるのが目的とみられる。

 北朝鮮の朝鮮中央通信によると、金氏は習氏の訪朝を招請し、習氏は快諾。同通信は金氏の非核化についての発言は伝えなかった。金氏は28日に帰国した。

 安倍晋三首相は国会で「情報収集に努めている」と述べた。

(3月28日12時07分)

国際(3月28日)