国内外ニュース

イシグロ氏、長崎の名誉県民に 県議会、全会一致で

 長崎県議会は28日、ノーベル文学賞を受賞した地元出身の英国人作家、カズオ・イシグロ氏を名誉県民とする県提出議案を全会一致で可決した。長崎市はすでに名誉市民としており、県と市は称号の贈呈の方法を検討する。

 「長崎のことを大切に思いながら世界的に活躍し、県の名声を高めるとともに郷土の発展に大きく貢献している」というのが、県の贈呈理由。イシグロ氏側へ2月に称号の受け入れを打診したところ「光栄に思う」との返事だったという。

 県知事や県議会議長が授賞式を前に送った祝福のメッセージに、イシグロ氏は「長崎での記憶は、キャリアの基礎」などとつづった礼状を返していた。

(3月28日10時52分)

文化・芸能(3月28日)