国内外ニュース

五輪パラボランティア要項案公表 8万人、9~12月応募受け付け

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、大会の運営に携わる8万人の「大会ボランティア」の募集要項案を公表した。応募は9月中旬~12月上旬にインターネットを通じて個人単位で受け付ける。20年4月1日時点で18歳以上、10日以上活動でき、全ての研修に参加可能であることなどが条件。正式な募集要項はことし7月下旬に公表する。

 要項案は28日の理事会で報告された。ボランティアには飲み物や原則1日1回の食事、ユニホーム、保険が提供されるが、地方在住者の東京までの交通費や宿泊費は自己負担。宿泊先も自身で手配する。

(3月28日12時42分)

国際大会(3月28日)