国内外ニュース

名古屋の御園座で開場式 4月に新装こけら落とし

 「御園座」の開場式で披露された「寿式三番叟」で、舞台に登場した松本白鸚さん(右)、松本幸四郎さん(左)ら=28日午前、名古屋市  「御園座」の開場式で披露された「寿式三番叟」で、舞台に登場した松本白鸚さん(右)、松本幸四郎さん(左)ら=28日午前、名古屋市
 名古屋市中区の老舗劇場「御園座」が4月1日に新装開場してこけら落とし公演を迎えるのを前に28日、開場式が行われた。劇場としての御園座での公演は、建て替え前の旧劇場が2013年3月に閉館して以来、5年ぶり。

 開場を知らせる一番太鼓が打ち鳴らされると、来場者から大きな拍手が送られ、小笠原剛会長が「名古屋の文化発信の地として、地域活性化の起爆剤となりたい」とあいさつ。こけら落としで襲名披露公演をする松本白鸚さんと松本幸四郎さんら3人は、お祝いの舞踊「寿式三番叟」を披露した。企業から贈呈された緞帳もお披露目された。

(3月28日13時11分)

暮らし・話題(3月28日)