国内外ニュース

トヨタが25万台をリコール タカタ製エアバッグ問題で

 タカタ製エアバッグのガス発生装置=2015年(ロイター=共同)  タカタ製エアバッグのガス発生装置=2015年(ロイター=共同)
 トヨタ自動車は28日、助手席用のタカタ製エアバッグのガス発生剤が湿気で劣化し、作動時に破裂する恐れがあるとして「アルファード」など7車種計24万9473台(2013年1月~14年12月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。29日から代替品との交換を始める。

 他の車種は「ヴェルファイア」「ノア」「ヴォクシー」「プロボックス」「サクシード」「カローラ ルミオン」。

 国交省によると、現在まで事故の報告はないという。

(3月28日16時21分)

社会(3月28日)