国内外ニュース

松山聖陵5―8近江 近江が逃げ切る

 松山聖陵―近江 2回裏、木村の適時打で生還し、ガッツポーズの近江・山田(左)=甲子園  松山聖陵―近江 2回裏、木村の適時打で生還し、ガッツポーズの近江・山田(左)=甲子園
 序盤に試合の主導権を握った近江が逃げ切った。1点を追う二回に6安打で一挙5点を奪って逆転し、その後も着実に加点。コンパクトな振りが光り、13安打のうち12本が単打だった。投手陣は林から金城への継投で乗り切った。

 松山聖陵の先発土居は制球が甘く、六回途中8失点で降板。打線は終盤に追い上げを見せたが、及ばなかった。

(3月28日17時11分)

高校野球(3月28日)