国内外ニュース

津波被害の測候所で「開花宣言」 市民ら独自観測、福島・小名浜

 旧小名浜測候所で開花した桜=28日午後、福島県いわき市  旧小名浜測候所で開花した桜=28日午後、福島県いわき市
 東日本大震災の津波に遭った福島県いわき市の旧小名浜測候所で28日、桜(ソメイヨシノ)の花が開き、地元の市民団体が独自に「開花宣言」した。東北地方の各気象台より一足早く、桜前線のみちのく入りを告げた。

 かつて標本木だった3本のうち1本で、基準となる5輪以上が咲いているのを確認。平年並みだった昨年より9日早く、1953年の観測開始以降、2002年の3月25日に次ぐ早さとなった。

 同測候所は08年に無人化されて桜の観測が行われなくなり、09年以降は市民団体と職員OBらが独自に観測している。大震災では桜も約60センチの高さまで波をかぶった。

(3月28日18時16分)

暮らし・話題(3月28日)