国内外ニュース

北海道で3月最高気温更新 知床ウトロ21度、7月並み

 札幌市・大通公園のつぼみがふくらんだクロッカス=28日午後  札幌市・大通公園のつぼみがふくらんだクロッカス=28日午後
 北海道では28日、南から暖かい空気が流れ込んで気温が上がり、札幌管区気象台によると、約100地点で3月の観測史上最高を記録した。知床半島の斜里町ウトロでは7月中旬並みの21・0度まで上昇。道内の3月最高気温を95年ぶりに更新した。これまでの最高は1923年に帯広市で観測した20・3度だった。

 気象台によると、28日午後4時までに88地点で15度以上となり、旭川市では3月の気温としては113年ぶりに15度を上回った。斜里町や大空町、標津町などでは、これまでの3月最高気温を3度以上更新した。

 急速に雪解けも進み、気象台は雪崩や土砂災害などの注意を呼び掛けた。

(3月28日18時27分)

社会(3月28日)