国内外ニュース

藤井六段、勝率歴代4位 記録4部門首位、中学最後の対局

 王将戦1次予選で井上慶太九段に敗れ、対局を振り返る藤井聡太六段=28日午後、大阪市の関西将棋会館  王将戦1次予選で井上慶太九段に敗れ、対局を振り返る藤井聡太六段=28日午後、大阪市の関西将棋会館
 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)は28日、大阪市の関西将棋会館で指された王将戦1次予選で井上慶太九段(54)に敗れた。中学生最後の対局を白星で飾れず、1月から続く連勝は16でストップしたが、2017年度は記録全4部門(対局数、勝率、勝利数、連勝)で1位を達成。勝率は73対局、61勝12敗の8割3分6厘と、歴代4位タイ(1位は中原誠16世名人の8割5分5厘)の記録を残した。

 勝利数も4位タイ(1位は羽生善治二冠の68勝)と、対局数を除く3部門でベスト10内に入った。16~17年度にかけては歴代最多の29連勝を記録した。

(3月28日22時16分)

文化・芸能(3月28日)