国内外ニュース

日本郵政が不動産会社設立 4月、将来は買収も

 記者会見する日本郵政の長門正貢社長=28日午後、東京都千代田区  記者会見する日本郵政の長門正貢社長=28日午後、東京都千代田区
 日本郵政の長門正貢社長は28日の定例記者会見で、不動産開発を手掛ける100%子会社「日本郵政不動産」を4月2日に設立すると発表した。「将来的に独り立ちできるようになれば合併・買収(M&A)も排除しない」と述べ、不動産分野での買収も視野に成長を目指す考えを示した。

 日本郵政グループは全国に郵便局や社宅跡地など簿価ベースで約2・7兆円の不動産を保有しており、2016年度の不動産事業の売上高に当たる営業収益は約260億円。長門氏は「地域の発展に貢献し、グループ収益の柱の一つに成長させる」と強調した。

(3月28日18時47分)

経済(3月28日)