国内外ニュース

金正恩氏、米に譲歩要求 非核化へ「段階措置」訴え

 26日、北京の人民大会堂で開かれた夕食会で乾杯する中国の習近平国家主席(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。労働新聞が28日掲載した(コリアメディア提供・共同)  26日、北京の人民大会堂で開かれた夕食会で乾杯する中国の習近平国家主席(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。労働新聞が28日掲載した(コリアメディア提供・共同)
 【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が初外遊し、中国の習近平国家主席と26日に会談した。中国政府が28日発表した。金氏は朝鮮半島の非核化には米国と韓国の「段階的な措置」が必要との考えを示し、圧力路線を崩さない米国をけん制、譲歩を求めた。中朝首脳は習氏の訪朝や戦略的関係強化でも一致、4~5月の南北、米朝首脳会談を控え、中朝の結束を強調した。

 中国政府によると、金氏は「非核化実現に尽力するのは、われわれの一貫した立場だ」と強調、南北、米朝の首脳会談を開く方針を明言した。

(3月29日0時57分)

国際(3月29日)