国内外ニュース

農相に漁業基金案受け入れ伝達 諫早開門訴訟で佐賀県知事

 斎藤農相(右)と会談する佐賀県の山口祥義知事=28日午後、農水省  斎藤農相(右)と会談する佐賀県の山口祥義知事=28日午後、農水省
 佐賀県の山口祥義知事は28日、斎藤健農相と農林水産省で会談し、国営諫早湾干拓事業(長崎県)の堤防排水門の開門訴訟で、国が創設を検討している漁業振興基金案による解決を受け入れる考えを伝えた。山口氏は「有明海の再生がみんなの目的だ。漁協が和解に進むべきだと決断したので、われわれも支持する」と述べた。

 斎藤氏は「苦渋の決断だったと、痛いほど分かる。重く受け止める」と応じ、佐賀県と協力しながら和解での解決を目指す考えを示した。ただ福岡高裁での和解協議は訴訟当事者である漁業者側が開門しない前提の勧告を拒否する姿勢を崩しておらず、決裂する見通しとなっている。

(3月28日22時16分)

政治(3月28日)