国内外ニュース

サウジ太陽光発電に21兆円 ソフトバンクが協力

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長  ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長
 【ニューヨーク共同】サウジアラビア政府は27日、ソフトバンクグループが主導する投資ファンドと協力し、サウジ国内に世界最大級の太陽光発電の施設を造ることで合意したと発表した。2030年までに発電能力が最大計2億キロワットの設備を建設するとしている。米メディアによると、投資総額は2千億ドル(約21兆円)。

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長がニューヨークで、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子と覚書に署名した。

 産油国のサウジは石油依存からの脱却を目指しており、ソフトバンクグループは太陽光発電事業に協力することでエネルギー源の多様化を後押しする。

(3月28日23時37分)

経済(3月28日)