国内外ニュース

米、PKO分担金減訴え 安保理、安全対策も議論

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は28日、平和維持活動(PKO)の在り方について議論し、PKO予算で最大の分担金を負担する米国のヘイリー国連大使は改めて負担減を主張した。グテレス事務総長は武装組織からの攻撃などによるPKO要員の犠牲が増えていることを踏まえ、安全に活動できるよう対策を訴えた。

 米国はここ数年、PKO予算の28%超を負担。ヘイリー氏は「最大の貢献国であり続けるが、より公平な分担を目指す。25%より多くは支払わない」と表明した。他の加盟国や国連と話し合いを続ける姿勢も示した。

(3月29日8時27分)

国際(3月29日)