国内外ニュース

自宅で神経剤に接触か 元ロシア情報機関員襲撃

 英南部ソールズベリーで元ロシア情報機関員の自宅を警備する警察官=6日(ロイター=共同)  英南部ソールズベリーで元ロシア情報機関員の自宅を警備する警察官=6日(ロイター=共同)
 【ロンドン共同】英南部で元ロシア情報機関員セルゲイ・スクリパリ氏らが神経剤で襲撃された事件で、英警察は28日、スクリパリ氏らが自宅で神経剤に接触した可能性があると明らかにした。玄関のドアが特に汚染されていたという。

 これまで欧米メディアは、神経剤がスクリパリ氏の車の換気システムや娘ユリアさんのスーツケースなどに仕込まれていたと報じてきた。

 警察によると、スクリパリ氏らは南部ソールズベリーの自宅でドアに触れた際、初めて神経剤が体に付着したとの見方が浮上している。警察は自宅周辺に捜査の焦点を移し、汚染の経緯や不審人物の目撃情報を調べている。

(3月29日9時26分)

国際(3月29日)