国内外ニュース

大雪想定「予防的通行止め」導入 国交省、車の立ち往生対策

 大雪の国道8号で立ち往生する車両=2月7日、福井県坂井市  大雪の国道8号で立ち往生する車両=2月7日、福井県坂井市
 国土交通省は29日までに、大雪が予想される場合に、高速道路や国道などを早めに通行規制して集中的に除雪する「予防的通行止め」という仕組みを導入することを決めた。今年1~2月の大雪で首都高速道路のトンネルや福井県の国道8号などで多発した自動車の立ち往生対策の一環。

 大雨の場合に同様の仕組みはあるが、大雪にも適用する。来冬からの全国での実施を目指す。

 大雪時に大規模な渋滞につながる大型トラックのスリップ事故などが起きないように、国は気象情報などを分析して早期に通行止めを実施。雪が多い区間に除雪車を集中的に配置するなどして、効率的に除雪を進める。

(3月29日10時47分)

暮らし・話題(3月29日)