国内外ニュース

南北首脳会談、日程確定へ 開催合意後初の閣僚協議

 29日、板門店への出発を前に、記者団の質問に答える韓国の趙明均統一相(左)。右隣は尹永燦・大統領府国民疎通首席秘書官=ソウル(共同)  29日、板門店への出発を前に、記者団の質問に答える韓国の趙明均統一相(左)。右隣は尹永燦・大統領府国民疎通首席秘書官=ソウル(共同)  板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開かれた閣僚級会談で握手する韓国側首席代表の趙明均統一相(右)と北朝鮮側首席代表の李善権・祖国平和統一委員会委員長=29日(韓国取材団・共同)  板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開かれた閣僚級会談で握手する韓国側首席代表の趙明均統一相(右)と北朝鮮側首席代表の李善権・祖国平和統一委員会委員長=29日(韓国取材団・共同)
 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は29日、南北軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で閣僚級会談を開いた。南北が今月、韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による4月末の首脳会談開催で合意してから初の高官協議。首脳会談の日程や議題の調整が目的で、韓国側によると、日程を確定させる公算が大きい。朝鮮半島の非核化がどう扱われるかが注目される。

 金委員長は25~28日に初の外遊として訪中し、26日に習近平国家主席と会談、非核化に意欲を表明する一方、米韓の「段階的な措置」が必要との考えを示したとされる。

(3月29日12時51分)

国際(3月29日)