国内外ニュース

個人情報保護委への報告は1月 日本年金機構、業者の再委託で

 参院厚労委で発言する日本年金機構の水島藤一郎理事長(右)。左は加藤厚労相=29日午前  参院厚労委で発言する日本年金機構の水島藤一郎理事長(右)。左は加藤厚労相=29日午前
 日本年金機構の水島藤一郎理事長は29日の参院厚生労働委員会で、年金のデータ入力を委託した「SAY企画」(東京都豊島区)による中国の業者への再委託について、昨年12月末に匿名の情報提供があったが、政府の個人情報保護委員会には今年1月22日まで報告しなかったと明らかにした。事実関係の確認などのため遅れたと説明した。

 水島氏は「速やかに同委員会に一報することが必要であり、今後は適切に対応したい」と述べた。

 2月支給の年金では、書類の大幅な様式変更で提出遅れや記入ミスが相次ぎ、SAY企画のずさんなデータ処理で、約140万人が本来より少ない額を受け取った。

(3月29日11時32分)

社会(3月29日)