国内外ニュース

名古屋城に金シャチ横丁オープン なごやめし味わえる飲食店街

 名古屋城の正門近くにオープンした「金シャチ横丁」の「義直ゾーン」=29日午前、名古屋市  名古屋城の正門近くにオープンした「金シャチ横丁」の「義直ゾーン」=29日午前、名古屋市
 名古屋城(名古屋市)の正門と東門の近くに、みそカツやひつまぶしといった「なごやめし」を味わえる飲食店街「金シャチ横丁」が29日、オープンした。観光の目玉になっていた天守閣は5月7日に閉鎖、2022年までの木造復元を目指す。横丁が“新名所”となり、観光客の大幅減を食い止められるか注目される。

 城下町を思わせる正門側の「義直ゾーン」とモダンなガラス張りの店が並ぶ東門側の「宗春ゾーン」からなる。名前は尾張藩主にちなみ、飲食店と土産物店の計19店舗が並ぶ。

 オープニングセレモニーでは、河村たかし市長や尾張徳川家22代当主の徳川義崇さん(56)らが鏡開きをした。

(3月29日12時00分)

暮らし・話題(3月29日)