国内外ニュース

4月27日に南北首脳会談 3回目、平和構築目指す

 韓国の文在寅大統領(聯合=共同)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長  韓国の文在寅大統領(聯合=共同)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長  板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開かれた閣僚級会談で、合意内容が記された共同報道文を交換する韓国側首席代表の趙明均統一相(左)と北朝鮮側首席代表の李善権・祖国平和統一委員長=29日(韓国取材団・共同)  板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開かれた閣僚級会談で、合意内容が記された共同報道文を交換する韓国側首席代表の趙明均統一相(左)と北朝鮮側首席代表の李善権・祖国平和統一委員長=29日(韓国取材団・共同)
 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は、韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による首脳会談を、4月27日に軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で開くことで合意した。29日に開いた南北閣僚級会談の結果として韓国統一省が明らかにした。南北首脳会談は史上3回目。韓国は史上初の米朝首脳会談を前に南北関係改善のほか朝鮮半島非核化も議題とし、恒久的な平和構築に向け進展を目指す意向だ。

 南北は首脳会談に先立つ4月4日、会談の進行や警護、報道対応などを調整する実務会談を行うことでも合意した。

(3月29日17時46分)

国際(3月29日)