国内外ニュース

インドで完成車を相互供給 トヨタとスズキ、HVも

 トヨタ自動車とスズキは29日、インドで相互に完成車を相手先ブランドによる生産(OEM)供給すると正式発表した。スズキは小型車「バレーノ」とスポーツタイプ多目的車(SUV)「ビターラ・ブレッツァ」、トヨタは主力車「カローラ」のガソリン車とハイブリッド車(HV)をそれぞれ相手先へ供給する。

 早い車種で2019年春ごろに供給を始める。台数は1万~数万台規模で調整しているとみられるが、具体的な規模は明らかにしていない。インドの17年の新車販売台数は400万台を超え、中国や米国、日本に次ぐ市場になっている。両社は品ぞろえを増やして販売拡大を図る。

(3月29日16時42分)

経済(3月29日)