国内外ニュース

陸自ヘリ、油圧系統の異常を表示 陸幕長、緊急着陸で陳謝

 鳥取県の米子空港に緊急着陸した陸上自衛隊の多用途ヘリコプターUH1が着陸前、油圧系統のトラブルを示す警告灯が点灯していたことが分かった。山崎幸二陸上幕僚長が29日の定例記者会見で明らかにした。山崎氏は「地域住民や関係機関の皆さまに迷惑をお掛けしたことをおわびする」と陳謝した。

 実際に機体にトラブルがあったかは確認中だといい、山崎氏は「速やかに原因究明するとともに引き続き安全に万全を期したい」と述べた。

 ヘリは29日午前8時15分ごろ滑走路脇の草地に着陸し、滑走路が約2時間閉鎖された。全日空の羽田行きなど計2便が欠航、同社によると300人以上に影響した。

(3月29日17時26分)

社会(3月29日)