国内外ニュース

全トヨタ労傘下の3割、大手超え 18年春闘ベア

 トヨタ自動車グループの労働組合でつくる全トヨタ労働組合連合会は29日、2018年春闘の回答状況を発表した。ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分については、集計できた製造系116組合のうち29%に当たる34組合が、デンソーなど大手の回答額の月額1500円を上回った。トヨタ自動車は回答額を非公表としている。

 全トヨタ労連はグループ内の賃金格差是正を掲げている。17年春闘では大手の回答額1500円を超えたのは124組合中8組合で、割合は6%にとどまっていた。

 18年春闘で大手と同額の1500円だったのは16組合。65組合は大手の水準に届かなかった。

(3月29日20時02分)

経済(3月29日)