国内外ニュース

日本初の漢字学会設立 京都、漢検協会呼び掛けで

 漢字を専門に研究する日本初の「日本漢字学会」の設立総会が29日、京都市左京区の京都大で開かれた。

 これまで漢字に関する研究は東洋史などの学会で行われてきたが、初の専門学会として、研究者以外の一般参加も歓迎し、漢字の成り立ちや音のほか、書道や漢字教育など幅広い分野で研究していく。

 日本漢字能力検定協会(京都市東山区)が呼び掛け、阿辻哲次京大名誉教授(中国語学)や池田証寿北海道大大学院教授(国語学)ら29人が発起人に名を連ねた。初代会長には阿辻氏が就任。「専門家だけでなく、漢字愛好家も参加することで研究の裾野が広がっていくと思う」と展望を語った。

(3月29日20時16分)

文化・芸能(3月29日)