国内外ニュース

サルコジ氏の公判を請求 仏大統領選で不正資金疑惑

 フランスのサルコジ元大統領(ロイター=共同)  フランスのサルコジ元大統領(ロイター=共同)
 【パリ共同】フランス紙ルモンド電子版などは29日、2007年大統領選に勝利したサルコジ元大統領がリビアの独裁者だった故カダフィ大佐側から巨額の選挙資金を不正に受け取った疑惑などを巡り、汚職と権力乱用の罪で予審判事が同日、公判請求したと伝えた。

 これまでの報道によると、元大統領側は06年11月~07年初頭にパリで、リビア政権に近い実業家から3回に分けて現金計500万ユーロ(約6億5千万円)を受領するなどした疑い。提供資金は総額5千万ユーロに上るとの情報もある。

 サルコジ氏は、司法当局に不正に情報提供を求めた疑いでも予審判事の捜査を受けていた。

(3月30日0時31分)

国際(3月30日)