国内外ニュース

パプアニューギニアでM6・9 1メートル程度の津波の恐れも

 【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、南太平洋のパプアニューギニアで30日午前7時25分(日本時間同6時25分)ごろ、マグニチュード(M)6・9の地震があった。米ハワイの太平洋津波警報センターは一時、パプアやソロモン諸島沿岸に30センチから1メートル程度の津波の恐れがあるとした。

 震源はニューブリテン島キンベの東約144キロ、震源の深さは35キロ。

(3月30日8時57分)

国際(3月30日)