国内外ニュース

鉱工業生産指数は4・1%上昇 2月速報、基調判断据え置き

 経済産業省が30日発表した2月の鉱工業生産指数速報(2010年=100、季節調整済み)は103・4となり、前月より4・1%上昇した。上昇は2カ月ぶり。基調判断は「緩やかに持ち直している」で据え置いた。

 1月の低下幅が大きく、基調判断も引き下げたため、どの程度回復するかが焦点だった。経産省の担当者は、高水準だった昨年12月には及ばないが、昨年秋の水準には回復していると説明した。

 業種別では、輸送機械工業や電子部品・デバイス工業などが堅調で、全15業種のうち11業種が上昇した。中でも輸送機械工業が大幅に伸び、全体をけん引した。

(3月30日10時51分)

経済(3月30日)