国内外ニュース

原発再稼働「自治体の信頼重要」 東海第2の安全協定締結で経産相

 日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働や運転延長に関し、立地自治体だけでなく周辺5市から事前同意を得るとした安全協定が締結されたことを受け、世耕弘成経済産業相は30日の閣議後記者会見で「電力各社は自治体との信頼関係を大切にしながら必要な対応を誠実に行うのが重要だ」と語った。

 同意を得る対象を立地自治体以外に拡大したのは全国で初めて。原子力規制委員会の審査に合格した原発の再稼働を進める方針の政府にとっては新たなハードルになり得るが、世耕氏は「安全協定は国が関与する立場にないのでコメントは控える」と述べるにとどまった。

(3月30日11時01分)

科学・環境(3月30日)