国内外ニュース

巡査自殺、公務災害と認定 兵庫県警機動隊

 2015年9月に自殺した兵庫県警機動隊の男性巡査=当時(23)=について、地方公務員災害補償基金兵庫県支部が公務災害と認定したことが30日、関係者への取材で分かった。自殺の原因が、業務に関連すると判断したとみられる。

 関係者によると、巡査は複数の同僚の名前を挙げ、嫌がらせをされたとの内容のメモを残していたが、兵庫県警は聞き取り調査の結果、自殺につながるいじめはなかったと判断していた。

 兵庫県警機動隊では15年10月にも、同じ小隊に所属していた別の男性巡査=同(24)=が自殺した。

(3月30日12時21分)

社会(3月30日)