国内外ニュース

希望、新党結成へ分党協議 立民・枝野代表は批判

 記者会見する立憲民主党の枝野代表=30日午前、国会内  記者会見する立憲民主党の枝野代表=30日午前、国会内
 希望の党は30日、臨時役員会を国会内で開き、分党などについて協議した。民進党執行部による新党結成方針を踏まえた。これに先立ち、希望の古川元久、民進の増子輝彦両幹事長は国会内で会談した。一方、立憲民主党の枝野幸男代表は「野党6党で森友問題の全貌解明に取り組まなければならない状況だ。影響を与えないでほしい」と批判した。

 民進執行部は30日夕に両院議員総会を党本部で開き、意見集約を図る。党内には異論があり、曲折も予想される。大塚耕平代表らは午前、都内で地方組織の幹部と会い、新党結成方針を説明した。出席者によると、参加した約15人はおおむね理解を示したという。

(3月30日12時41分)

政治(3月30日)