国内外ニュース

金氏の顔立つような核放棄を検討 河野太郎外相「米側と話した」

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がメンツを気にして「国際社会は屈した。核兵器は不要になった」と宣言をしても、本当に核を捨てる決意があれば、受け入れてもいい―。河野太郎外相は30日の衆院外務委員会で、金氏の顔が立つような核放棄の在り方を米側と話し合ったことを明らかにした。

 北朝鮮との落としどころを巡り、日米がさまざまなアイデアを練っている現状を裏付けた形だ。

 河野氏は同案を含む今後の選択肢について「これからじっくり関係諸国との間で意見交換する必要がある」と指摘した。だが、河野氏の「変化球」に金氏が手を出すかは見通せない。

(3月30日16時56分)

政治(3月30日)