国内外ニュース

90歳のひめゆり館長が退任 戦後世代に引き継ぎ、沖縄・糸満

 ひめゆり平和祈念資料館の退任式終了後、握手する7代目の館長島袋淑子さん(左)と新館長に就任する普天間朝佳副館長=30日午後、沖縄県糸満市  ひめゆり平和祈念資料館の退任式終了後、握手する7代目の館長島袋淑子さん(左)と新館長に就任する普天間朝佳副館長=30日午後、沖縄県糸満市
 沖縄戦で半数以上が命を落とした「ひめゆり学徒隊」の悲劇を伝える「ひめゆり平和祈念資料館」(沖縄県糸満市)で30日、7代目の館長島袋淑子さん(90)の退任式が開かれた。島袋さんは「これからも何か私にできることがあったら若い職員と一緒に頑張りたい」とあいさつした。

 1989年の開館以来、戦争体験者が館長を務めてきたが、島袋さんの後任には戦後世代から初めて普天間朝佳副館長(58)が就く。

 島袋さんは約33年間の教員生活を経て2011年に館長に就任。太平洋戦争の悲惨さを伝える戦後世代育成に従事した。

(3月30日18時11分)

社会(3月30日)