国内外ニュース

民進、希望と先行合流へ 両院総会で新党結成承認

 民進党の両院議員総会を終え記者会見する大塚代表=30日午後、東京・永田町の党本部  民進党の両院議員総会を終え記者会見する大塚代表=30日午後、東京・永田町の党本部
 民進党は30日、両院議員総会を党本部で開き、大塚耕平代表が提案した旧民進勢力による新党結成方針を承認した。大塚氏は近く立憲民主党の枝野幸男、希望の党の玉木雄一郎両代表へ正式に会談を申し入れる意向を示した。新党結成には玉木氏だけが応じる方向で、希望との合流が先行する見通しだ。実現すれば参院に続いて衆院でも野党第1党になる可能性があるが、民進内には異論もくすぶっており、曲折がありそうだ。

 大塚氏は両院総会で「できる限り早期に中道的な『新しい民主党』を結党させてもらいたい」と強調。昨年の衆院選時に分裂した立民と希望への働き掛けに理解を求めた。

(3月30日23時00分)

政治(3月30日)