国内外ニュース

桐蔭、花巻東、星稜、三重が8強 選抜高校野球大会第9日

 明秀日立―大阪桐蔭 3回裏大阪桐蔭1死二塁、中川が右翼線に先制二塁打を放つ。投手細川=甲子園  明秀日立―大阪桐蔭 3回裏大阪桐蔭1死二塁、中川が右翼線に先制二塁打を放つ。投手細川=甲子園  8強進出を決め、駆けだす花巻東ナイン=甲子園  8強進出を決め、駆けだす花巻東ナイン=甲子園  近江―星稜 10回裏、サヨナラ二塁打の奥川(11)を迎える星稜ナイン=甲子園  近江―星稜 10回裏、サヨナラ二塁打の奥川(11)を迎える星稜ナイン=甲子園
 選抜高校野球大会第9日は31日、甲子園球場で3回戦4試合が行われ、史上3校目の2連覇を狙う大阪桐蔭、花巻東(岩手)、星稜(石川)、三重が、準々決勝に進出した。

 大阪桐蔭は初出場の明秀学園日立(茨城)を5―1で下した。先発の根尾は11三振を奪い、4安打1失点で完投した。大阪勢は春通算200勝。

 花巻東は彦根東(滋賀)に延長十回、1―0でサヨナラ勝ちし、9年ぶりの8強。

 星稜は延長十回、奥川が適時二塁打を放ち、4―3で近江(滋賀)をサヨナラで下した。

 三重は初出場の乙訓(京都)に2―1で勝ち、26年ぶりの8強。同点の三回に浦口のソロ本塁打で勝ち越した。

(3月31日19時26分)

高校野球(3月31日)