国内外ニュース

米メディア、大谷の初安打に称賛 「指名打者最初のテストに合格」

 ブルペンで投球練習するエンゼルス・大谷=オークランド(共同)  ブルペンで投球練習するエンゼルス・大谷=オークランド(共同)
 【オークランド共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が29日に打者としてデビューを果たした。記念すべき1打席目の初球に安打を放ったことを、米メディアも大きく取り上げた。

 本拠地アナハイムの地元紙オレンジ・カウンティー・レジスター(電子版)は「指名打者として最初のテストに合格」と見出しを付けた。オープン戦の不振に対し、エプラー・ゼネラルマネジャー(GM)の「彼の真価を発揮する機会をつくるべきだと判断した。その通りに進んでいる」との言葉を紹介した。

 球団公式サイトは「不安視していた人々の疑念を、メジャーでの初スイングでぬぐい去った」と称賛した。

(3月31日12時07分)

MLB(3月31日)