国内外ニュース

1935年の沖縄写真展 AIでカラー、新聞博物館

 AI技術でカラー化された、1935年に沖縄県で撮影された写真=31日午前、横浜市中区の日本新聞博物館  AI技術でカラー化された、1935年に沖縄県で撮影された写真=31日午前、横浜市中区の日本新聞博物館
 1935年に沖縄県で撮影された写真約100点を集めた「よみがえる沖縄1935」が31日、横浜市中区のニュースパーク(日本新聞博物館)で始まった。当時を知る住民の話と人工知能(AI)技術でカラー化した写真も展示している。7月1日まで。

 朝日新聞記者が撮影した計277こまのネガから写真を復元。魚を運ぶ漁師や、那覇と糸満の間を走った「軌道馬車」など、当時の人々の暮らしぶりが分かる。

 期間中には、ネガ発見の秘話を語るイベントや、AIによる写真カラー化のワークショップも実施する。

 常設展を含む入館料は一般400円、大学生300円、高校生200円。中学生以下は無料。

(3月31日12時11分)

暮らし・話題(3月31日)