国内外ニュース

個人情報流出308万件、17年 サイバー攻撃で82組織から

 サイバー攻撃の被害を2017年に公表した国内の企業や行政機関の82組織から流出、または流出した恐れがある個人情報などが、少なくとも308万件に上ることが31日、共同通信の取材で分かった。そのうち53万件にはクレジットカード情報が含まれていた。盗まれたカード番号の不正利用被害額は17年が過去最高となっており、ハッカー被害が深刻化している実態を示している。

 サイバー被害の公表情報を基に企業・団体に詳しく取材した。内訳は民間企業が76、行政関連が4、大学が2。公表されたのは、ほとんどが個人情報の関連だった。

(3月31日17時52分)

社会(3月31日)